筑波総合福祉専門学校

筑波総合福祉専門学校「こころの力持ち待ってます」
卒業生にも聞いてみよう!

在校生に聞いてみよう

湯原 弘美さん(介護福祉学科)
私は入学当初、自分が本当にやりたい事はこの分野なのか、最後までやっていけるか、とても不安でした。 しかし、学校の雰囲気や先生方の熱心な指導のおかげで 介護の知識、技術を学びたい、介護の仕事がしたいという気持ちが興味から確信に変わりました。
授業は専門的で、実習は楽しい事ばかりではありませんが、 利用者様との関わりの中で介護の大変さ以上の喜びを知ることができました。
残りの1年間、この学校でさらに介護の知識、技術を高め、介護福祉士として、人間として成長できたらいいなと思います。
中村 恵理さん(介護福祉学科)
専門学校での勉強は、一つ一つの授業がとても大切になっていくという事が、 この一年間の学校生活で実感する事が出来ました。 また、実習やボランティア活動を体験する事で、 人と関わる事の楽しさや難しさ、嬉しい事や辛い事など様々な新しい世界を知る事ができ、 人として自分自身も大きく成長ができ、自信を持てるようになりました。
残り一年間の学校生活、笑顔を絶やさない素敵な介護福祉士を目指し、 利用者の方に安心して信頼されるように、 これからもたくさん知識を学んで活かせるように頑張っていきたいと思います。
野口 理奈さん(医療福祉学科)
この学校は福祉の学校なので、医療事務を学びながら介護や基礎的な医学について学ぶ事が出来ます。 授業は人数が少ないので、わからない事はすぐに聞く事ができ、とても学びやすい環境です。 クラスの仲間ともボウリング等をし、とても楽しい学校生活を送っています。
私は医療事務の資格であるメディカルクラークを取得しました。
他にも秘書検定や医療秘書検定も受検し、結果を待っているところです。
資格以外にもこの学校では実習にも力を入れており、 実際に病院で働き、学校の中だけでは学びきれない貴重な経験を積むことが出来ます。
将来は、この学校で学んだ知識、実習で得た経験を活かし、みんなから愛される医療従事者になりたいと思います。
廣瀬 彩乃さん(医療福祉学科)
不安でいっぱいだった入学式を迎えてから、早1年が経ちました。 同じ目標を持つクラスメート、親身になってくれる先生方との出会いの中で不安も消え、 充実した学校生活を送れていたからか、あっという間の1年でした。
2年間の専門学校生活は社会に出て行くための準備期間です。 自分なりの目標を持って学校生活を送れば、とても大切なものを得られる時間だと思います。
特に病院実習においては、実践を通して体験でき、 良い経験が得られるので、将来の自分に活かしていきたいと思います。
 

卒業生に聞いてみよう!

 
往古 亜沙未さん(医療福祉学科卒)
資格は社会で役立ててこそ活きてくるもの
専門学校での授業は、今まで以上に1時間1時間が大切になってくると思います。 社会に出て、即戦力として働けるように努力する場所でと考えるからです。 その主なものとして、資格の取得があります。私はこの1年間で5つの試験を受けました。 2つは結果待ちの最中ですが、文書処理と秘書の2つの資格を取得することができました。 社会に出て行く上で、役に立ててこそ活きてくるものだと思うので、1つ1つを真剣に取り組んで行くことが大切だと思います。 また、友達との良い雰囲気づくりも、学校生活をする上では重要になって行くと感じます。
私たちは8人という少人数なので、みんなで楽しく良い雰囲気の中、楽しく遊んだり、勉強したりしています。 それなので、1年間があっという間に過ぎ、2年生を迎えようとしています。 来月からは実習も入ってくるので、社会で働くことの辛さ、大変さ、また楽しさなどを体験してこようと思います。 残りの一年間で、社会人となるための様々な知識を吸収して、成長できるようにがんばっていきたいです。 そして、笑顔を絶やさない素敵な医療事務員として、将来働いていけたらいいなと思います。
横川 雄一郎さん(医療福祉学科卒)
濃密で濃い授業が魅力的
この筑波総合福祉専門学校に入学し、この1年間さまざまなことを学ぶことができました。 高校の授業と違い医療の専門的なことを学ぶことができ、 また授業の内容も深く、濃い授業を受けることができるので将来、医療の分野で生きて行くものとして 真剣に取り組むことができて安心しました。
これからさらに、医療の分野で働く上で2年生での医療の授業で学び取った知識を どんどん自分の中で消化していき、それを栄養にさらに自分を成長させて行くことができればと思います。 そして医療の分野で活躍することを胸に日々精進を重ねていきたいと思います。
渡辺 仁美さん(医療福祉学科卒)
「いとう眼科」勤務
医療や福祉の支援に携わる「人財」として育ててくれる学校
個人医院の医療秘書として勤務しておりますが、数ある専門学校の中でも本校を選択したことが、 現職務および自身の人生において素晴らしい結果となったと実感しています。
その理由を挙げるならば、一つは担任の生徒に対する熱意でした。ひとりひとりの声に耳を傾け、 各々に応じた学習法や生活態度の指導に努めてくださる姿には、自分を含めたクラス全員が常に感謝していました。 また、活字離れせぬよう、授業の中で短時間のうちに文章を書き上げる学習や、 自分が希望する就職先への実習申し込みに全力を尽くしてくださいました。 そのおかげで、現在の自分があるのだと思っております。 実際に、毎日のカルテ記入の際には、書くことに慣れているということが非常に役立っています。
理由の二つ目として、医療福祉学科としての授業科目が充実していたところではないでしょうか。 医療現場で働く自分の礎となる、重要な部分を形成できたと自負するほどです。 医療事務はもちろん、薬理学や手話、介護概論などの授業で得た知識は、医療機関の受付では確実に役立つものですし、 秘書検定受験では社会人としての言葉遣いや立ち振る舞いなどを徹底することができました。 また、心理学の講義は堅すぎず、柔らかすぎず、時には授業の合間に社会の厳格さというものを受け入れやすいようご指導くださいました。 就職した後も気を抜かず、先生方の教えを胸に、 勤務先が患者様にとって今以上に温かい安らぎの場となるよう、医療従事者としての努力を怠らない日々を送っていきます。
筑波総合福祉専門学校の第一期生として、卒業、就職と進むことができたことは、 世間で唱えられているような「ひとりひとりに合った指導」という言葉が、本校においては事実であった証であると確信しています。 今後も自分の母校が、医療や福祉の支援に携わる「人財」を送り出していかれること、また、入学した生徒全員が卒業生として恥じぬ人生を送られることを願っております。
大橋辰憲さん(医療福祉学科卒)
「筑波記念病院」勤務
秘書検定で得た言葉遣いやマナーを現場に活かしていきたい
医療事務の資格取得のために勉強した保健請求のことについてや、 窓口業務に関する知識は、これから働くにあたって役に立って行くと思う。 基本的に人と接することを中心とした業務と考えているので、 秘書検定の際に勉強した正しい言葉使いの方法や正しいマナーなどは、患者様と接するときに活かして行きたい。 病院内ではタブーとされる独特な作法もあるため、初めて知るものもたくさんあり驚いたが、 これからは自分の仕事の一部とななるため、しっかりとやって行くことを心がける。 勉強の面だけではなく、日頃の日常生活の中から、挨拶をする習慣や、 人のためを思って行動するなど、基本的なことだが非常に重要なことを身につけることができた。 実務に就く上でもとても重要となるのでこうしたことが習慣として身につけることができてよかった。 病院の生の現場を体験できる病院実習もとても大きな経験となったと思う。 直接患者様と接する機会を与えられるので就職に直接つながったと思う。
畑 尚子さん(介護福祉学科卒)
「特別養護老人ホーム もりの家」勤務
介護実習では現場の臨場感を体験できた
この学校に入って良かったことは高齢者の方との接し方、正しい介助方法を学べたことです。 特に実習は思い出深く楽しかったです。 施設の人は優しくて頼りがいがありまだなにもわからない私をこと細かに教えていただきました。 その中に非常に尊敬できる職員さんがいて働きやすく回りの人によく気配りのできる人でした。 私もいずれこういう人になれたらいいなと思いました。
村上 耕平さん(介護福祉学科卒)
「特別養護老人ホーム 七福神」勤務
日本とスウェーデンを比較し介護や福祉に対する取り組みの差を思い知らされた
私の一番の思い出はスウェーデンに行ったことです。 高齢者の施設や福祉用具、工場に見学に行き、施設の作りがとてもきれいでした。 また、福祉用具にいたっては、高齢者の方々の体に負担がかからないように、一つ一つすごく手が込んでいました。 日本と違い福祉のレベルがすごく高いことに感動しました。
社会人になり福祉に従事するものとして、今後福祉はどうあるべきかという問いに対しての一部の答えを垣間みたきがしました。 また、今後の福祉のゴールを意識しないでいるのとしているのでは、福祉のレベルに大きな違いが出るように思われます。
在校生にも聞いてみよう!
HOME